銀翹散普及委員会

銀翹散普及委員会についてこっそり記載。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀翹散…これが読める人は○○○です。


健康グッズでも健康食品でもない、れっきとした医薬品。風邪の時には重宝するのですが、まだまだ知名度が低い薬ですね。

風邪の時に飲む漢方薬としては葛根湯が有名ですが、おそらく葛根湯よりもはるかに銀翹散のほうが効くのではないでしょうか。


PA0_0006.jpg



銀翹散の効能は、「風邪によるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛」となっています。医薬品ですので、効能を堂々と書けるのが嬉しいですね)。

中医学では、風邪を引いたら銀翹散と共に板藍根茶を飲むそうですよ。日本では銀翹散は医薬品ですが、板藍根(ばんらんこん)は健康食品扱いですね。


残念なことに、この銀翹散は医薬品ではあるのですが、保険適応外だそうで、病院ではなかなか処方してもらえません。

また、銀翹散は漢方薬の最大手・ツムラからは発売されていないんですね。(上記画像はクラシエのです)


さて、この銀翹散がどれだけ効くかについては…
こちらのサイトが参考になります。単なる風邪のみならず、インフルエンザに対しても何らかの効き目があるようですね。


おっと、思わず紹介に力が入ってしまいました。隠密裏に活動しているのに、イカンイカン…


(ちなみに、「銀翹散」は「ギンギョウサン」と読みます)


薬をほとんど飲まない私も、この銀翹散は、風邪の引き始めや引いてしまったときにはしっかり飲みます。たしかに治りが早いんですよ。騙されたと思って、風邪の時に試してみて下さい。


にほんブログ村 健康ブログ 健康グッズへ
(あっ、やっぱり騙された!と思った方は、抗議の意味を込めて上の健康グッズバナーをクリックして下さい。私のブログが世間から糾弾され、あなたのストレス解消となることでしょう)


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goods21.blog59.fc2.com/tb.php/21-00b83ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。