健安把持、なんじゃそりゃ?

健安把持、なんじゃそりゃ?についてこっそり記載。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと最近はまともな健康グッズばかりを取り上げているような気がします。

ここらで一つ、ぶっ飛んだ、いやいやより素晴らしい健康グッズを取り上げてみましょうかね。

そのグッズとは、健安把持というグッズです。


何じゃこりゃ、そもそも何と読むのかもよくわからんグッズだな、という感じでしょう。

これがまた凄いのなんの。まずは画像をご覧下さいな。







ただの棒にしか見えない、いや非常に均整のとれた美しい棒です。

この素敵な棒が気の流れを整え、健康に導いてくれるのです。


その原理がまた凄い。この健安把持の金色の部分を左手で握り、銀色の部分を右手で握ると、その棒を通して「気」が循環し始めます。銀色の部分からはプラスエネルギーが吸収され、金色の部分からはマイナスエネルギーが放射されますので、握っている人の「気」がどんどん綺麗になり、自律神経が整った結果、体の調子がよくなる、というのです。



科学的にはほとんど根拠がないようにも思えますが、科学で解明できないことなんて世の中にゴマンとあるのです。論より証拠、使ってみればその威力がわかるのではないでしょうか。私は持ってませんけど。



波動分析で定評のある「アクアタック研究室」が、この健安把持の波動分析を行っています。その結果、この棒を5分間握っただけで、免疫力や自律神経、ストレスなど多くの項目に対してプラスの波動値を計測しました。


この結果は、医学的な効能を裏書きするものではないのですが、ともかく波動的にはプラスの波動製品であることはたしかなのでしょう。


ちょっと使ってみたい気持ちはあります。鍼灸師や整体師も使用しているそうですよ。どこかで試用させてくれればいいのですが。



5分間握るだけというお手軽さ。特に使用期限というのはなさそうなので、一度購入すると半永久的に使えるのでしょうか。それならコストパフォーマンスは非常に高そうですね。効果があれば、ですけど。


この健安把持は量産は不可能で、手作りだそうですよ。それだけ微妙な調整が要求される製品だ、ということにしておきましょう。



そうそう、書き忘れましたけど、この棒には「ゼロ磁場」を発生させる仕組みもあるそうです。「ゼロ磁場」って何かというと、一種のトンデモ科学、いやいや科学では証明されていない、何だかよくわからないけど凄いパワースポットだそうです。気の流れを整えるだけでなく、ゼロ磁場も発生させるスグレモノ。



携帯できる大きさなので、いつでもどこでも持ち歩いて、疲れたときや「気」の流れが何となく悪いな、と思ったときに、すぐさま取り出して5分間じっと握る。これでパワーをチャージできてしまいます。私もそういうときに使ってみたいですね。持ってませんけど。



あと、材質がこれまた凄いんですよ。金、銀、銅、ラナストーンといった、オリンピックもビックリの材料が贅沢に使われています。ラナストーンとは、体にいい遠赤外線やマイナスイオンを発生させる石で、とても貴重な石だとか。


これだけ貴重な材料が使われているなら、今後インフレがやってきて金や銀が高騰したら、健安把持の価格も高騰しそうですね。投資の対象として考えていいかもしれません。



特筆すべきは、返品率の低さ。驚くことに、0.01%に満たない返品率だそうです。そりゃそうでしょう。購入者は、よっぽど覚悟して購入するんでしょうから。とても気軽に購入してみるか、という商品ではありません。


私も興味はありますが、今のところ指をくわえて見ている状態です。こういう商品、大好きなんですけどね。



ほとんど知名度がない健康グッズですが、こういう名もないグッズが、将来的にランキングされるようになれば、私も先見の明があった、ということになりそうです。買ってませんけどね。



トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goods21.blog59.fc2.com/tb.php/23-907dd0c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。